クルマを処分したい際の方法としては買取りや下取りなどの手続きがございます。下取りは次の愛車を入手した時には、今までのマイカーを引受けして頂くというものです。そのクルマが乗車が問題ない自動車だとすれば価格が付くのですが、度を超えて古いくるまだった場合だと逆に廃車にする費用を下さいと言われるケースだってあるでしょう。

下取に関しては、専門ショップが買い取りをする訳じゃないので、希望するような値段での放出は難しいと思いますが、次の愛車と取り替えるような感じで乗り換えを可能といういい面があります。もう片方の買取の場合は、専業のクルマ買取ショップにお願いして引受けしていただくものです。そのタイミングが分かりづらいといった短所もあるのですが、買い取りをされた自分の車は中古車として流通するのがそもそも決まっていますから、わりと高値での引受けが期待できるはずです。

買取も下取も契約の際には色々な書類を先に準備することが必要です。その必要書類としては、自動車検査証やくるまの納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券があります。さらに実印や印鑑証明と、住民票等も必要です。

売渡の場合は委任状や譲渡証明も必要となるのですが、これらに関してはお店の方が用意してくれるはずです。売渡を望む側としては、車検証、納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、住民票、実印更に印鑑証明が用意すべきものになります。審査の時にもこれらを確認されるので、無くしたさいは再発行してもらうことが必要でしょう。

たとえ無くした際でも見積もりだけはしてもらうことはオーケーですが、その場で即引取りは出来ないので見積額に良くない影響が出ることになるでしょう。