中古自動車の買い取りや下取りの際には、なにはともあれ査定をすることでしょう。査定とは、お客様から下取や買取の時に適正な評価を下す為の処置であり、そのためにはたくさんの人から認識され、尚且つ合意された手順じゃないと良くありません。ただし、お客様側から見るのであれば、見積がどうやって実施されているのか完全には存じてなかったり、フェアな進め方で調査されているのかはどうしても認識することが困難なものです。そうだとしても鑑定自体が愛車の値打ちを決める決め手となる過程ですから、考え方やその方法にさまざまなものがあると世間のパニックの原因にもなる可能性があります。

そんなパニックを起こさないようにするため「日本自動車査定協会」という呼称の機関があり、「中古自動車査定制度」を制定しているのです。

「日本自動車査定協会」という機関は、適正な査定が浸透するように動いている機関であり、消費者が安心して鑑定に提出でき、加えて納得のいく結果となるシステム作りの取り組みをしています。

実際の内容的には、例を出すとキチンとした査定士を輩出する為の資格試験を行っており、査定協会が実施する学科と技能研修を受けて頂き、その後「査定士技能検定試験」に合格することで一定のスキルを保有する査定士としての資格が与えられます。さらに査定士として活動するためには協会への登録をしなければならなくなり、しっかりとした知識や義務を以てしてユーザーの所有車の評価をします。言い換えると適正な見積もりを行う為の資格を持つ方が評定を行いますので、我々も安堵して下取または買取に愛車を提出することが出来るわけなのです。