くるまの買い取りや下取りの時には間違いなく査定をさせて頂きます。この査定とは消費者から下取・買取時にきっちりした評定を下すための作業であり、それをするためには多くの人から理解されその上合意された方法じゃないといけません。

ただし、消費者側からすれば査定がどのように行われているのか正確には把握していなかったり、適正な手続きでやられているかはどうにも把握することが困難なものです。そうだとしても見積の方はお車のバリューを確定させるとても重要な方法ですから、考えややり方に様々なものがあると社会がパニックとなる理由にもなる可能性があります。そういったパニックを起こさないようにするため日本自動車査定協会という呼称の機関が設立され、中古自動車査定制度を設けているのです。

「日本自動車査定協会」呼ばれるものは、しっかりとした見積が根を下ろすように機能している機関のことで、お客さんが無事に見積に出すことができ、加えて納得できる結果になるような制度を構築する務めをしています。具体的な中身としては、例えばキチンとした査定士を輩出する為のテストを実施しており、査定協会がおこなっている学科と技能研修を受けてもらい、その後「査定士技能検定試験」に合格することで一定のスキルを保有する査定士としての資格がもらえます。そして査定士として活躍するのには協会への登録をしなければならなくなり、まっとうな基礎的なものや義務でもって我々の車の審査をしていきます。

つまりはしっかりした査定を行う為の資格を有している者が評定をおこないますので、ユーザーも不安なく買い取りまたは下取に愛車を提出することが可能となるわけです。