古い車の下取りや買取の際にはなにはともあれ査定をやります。査定というのは消費者から買い取り・下取時に適正な見立てをするための工程であり、その為にはさまざまな人たちから肯定されその上承諾された進め方をしないとダメなのです。

ただし、客側から見るのであれば審査がどんなふうにされているのかちゃんとは存じてなかったり、適正な仕方でやられているかは結構確認することが出来ないケースがほとんどです。

そうはいっても査定というのはマイカーのバリューを決める非常に大事な工程である為、やり方や考えに様々なものがあると社会が混乱する理由にもなるのです。そのようなパニックを発生させない為にも日本自動車査定協会という機関が設立され、「中古自動車査定制度」を用意してる訳です。日本自動車査定協会はキチンとした値踏みが行き渡るように活動している機関のことで、消費者が信頼して鑑定に提出でき、加えて納得のいく制度作りの活動をしています。

実際の活動内容としては、例を挙げるとちゃんとした査定士を輩出する為の試験を実行しており、査定協会が実行している学科と技能研修というものを受けて、そうしてから査定士技能検定試験に受かることで一定のスキルを持つ査定士としての資格が与えられます。その上で査定士として働く為には教会へ登録することが必要となり、まっとうな基本的なことや義務でもってお客さんの愛車の品定めをしていきます。

要するにきちんとした見積もりを行う為の資格を持つ方が評定をおこないますので、ユーザーも不安なく下取または買取に持っていくことが出来るわけなのです。