ユースドカーを売る際の仕方といえば下取と買取というのが一般的です。下取の場合というのは新しい自分のクルマのを買う際にこれまでの自動車を引き受けていただくというものです。だいたいは新車ディーラーが買い取りを行うので買い取り金額としてはどちらかといえば低めになる場合が多いです。

もう一方の買取のケースは古い車の買取り専門の業者がおこなっているもので、ユーズドカーという名目で販売する事を予定して引受けのプライスを決めるため、どちらかというと高額な買取りが望めるでしょう。どっちにしても愛車を売る事であり、売却する前に買取価格を決めるための査定が行われることとなります。

査定をおこなう場合に気になるのがリサイクル料となります。自分のくるまの見積もりで出してもらう額としてはそのユーズドカー本体の値段、ユースドカーについてくるリサイクル料や自賠責保険等含んだ金額の2つの種類が存在します。リサイクル料についてはマイカーを手に入れた場合、若しくは「リサイクル料」が未払いのときには車検を通した際に支払いになりますので、将来、ユーズドカーを廃車にして解体する時必要なフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などなどリサイクルするさいのコストとして使われます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、壊してしまうケースでJARSから払われることとなります。

料金は大体、軽だと8千円位、国産車で1万円位、輸入車とかで1.5万円位、その他で2万円ぐらいを入金する必要があったりします。たいていの自家用車引受けだと、こういったリサイクルの代金をお車の引取り金額とは別として買取される事となるんですが、リサイクル料をいれて評定金額であるという場合も有り、買取をお願いするケースで先に確認しておくのが大切な事となります。