愛車を売り払うときの手立てというと買取、そして下取の両方が有ります。下取りの場合は新しいお車を購入すると同時に古い車を買い受けしてもらうというものです。たいがいはは新車販売店が引き取りをおこなうので買い取り額としては割と低目に見られる場合が多いです。

もう一方の買取の場合には自動車買取り専門の業者がやっており、ユースドカーという名目で売る事を予定して買取の値段を決定するので、わりと高値の引受けが望めます。どっちにしても中古車を売る事であり、引き受けてもらう前に引受け価格を決定するための審査が行われます。

査定を依頼するケースで気になるのはリサイクル料になります。お車値踏みで出してもらう額というのは愛車そのものの値段、ユースドカーに附随する自賠責保険やリサイクル料などをいれた価格の二種類が御座います。リサイクル料に関しては愛車をゲットした時、若しくはリサイクル料が未払いだったときには車検を通したさいに支払いとなるもので、将来、自動車を廃車にして処分するさいに必要なフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などなどリサイクルするときの費用として使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることとなり、解体する場合自動車リサイクルシステムから払われるということとなります。

費用は大体、軽で8千円程、国産車で10000円程、輸入車等で1万5千円くらい、そのほかで2万円程度を納める必要性が御座います。大体の自動車引取りであれば、こういった「リサイクル料」を車の買取値段とは他として引取られるということになりますが、リサイクル代金を入れて引き取り額となっている場合もあり、引き受けをお願いする場合は確認しておくことが大事な事となります。