所有車を売却する際の手立てとしては下取り、そして買い取りの両方が一般的です。下取りの場合はおニューの自動車をゲットする時、これまでの中古車を買取して貰うというものです。主として新車のディーラーが買取りをすることになるので価格はどっちかというと低めに見られるケースが多いです。

もう一方の買取りのほうは中古車買取専門ショップがやっており、ユーズドカーという名目で販売することを予定に引き受けの金額を決めるため、どちらかというと高目の引受けが望めるでしょう。どっちにしてもお車を引き受けてもらうことであり、、引き受けてもらう前に買取り額を決定するための見積もりが行われます。

審査をして貰うさいに気になるのが「リサイクル料」です。お車見積もりで出される額というのは自家用車そのものの金額、自分の車のに付いてくる自賠責保険とかリサイクル料等をいれた金額の二種類が有ります。リサイクル料に関しては愛車をゲットした場合、若しくはリサイクル料が未払いだった時には車検を通した時支払われるもので、先々車を廃車として解体処分する時に必要となるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などなどリサイクルする時のコストとなって使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、解体する時にJARSから支払われるということとなります。

料金は、軽自動車なら8千円ほど、国産車の場合は1万円くらい、外車等で1万5千円位、それとは別に2万円位を入金する必要が御座います。多くの車引き受けでは、こういったリサイクル料金をマイカーの引取り値段とは他として買い取られるという事になるのですが、リサイクル料を入れて審査の金額となってるケースも有り、買い取りを頼むケースで事前にチェックしておくのが大切です。