使用ずみの車を処分するときの手段というと下取、そして買取がございますよね。下取の場合というのは新しいくるまを買う際、今まで乗っていたお車を買上げてもらうというものです。主には新車ディーラーが引受をするので値段は割と低めになる場合が多いです。

他方、買取りの場合にはお車買い取り専業店がやっているもので、使っていた自動車として販売することを前提に引き上げの値段を決めるため、割合高プライスの買取りが望めるでしょう。何れにしても使用済みの車を売る事であり、売却する前に買受金額を決定するための見積りが行われることとなります。

診断を依頼するとして気に掛かるのがリサイクル料となります。使用していた自動車の審査で出してもらう額というのはその自分のくるまのそのものの金額、中古車に附随する自賠責保険とかリサイクル料等々含んだ金額の二つの種類が有ります。「リサイクル料」は中古の車を手に入れたさい、またはリサイクル料が未払いの場合には車検を通したケースで支払いとなるもので、この先クルマを廃車として解体する時に必要となるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等々リサイクルする為のコストとして使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、処分するケースでJARSから支払われるということとなります。

その時の費用は、軽で8千円位、国産車の場合で10000円位、外車ですと15000円くらい、そのほかで20000円ほどをいれる必要が有ります。大半の中古車買受では、こういったリサイクルの代金を使用ずみの自動車の買受けプライスとは別で引受される事になるのですが、リサイクル代金を含めて引受プライスとしてる場合も有り、引き取りを頼むケースでまずは確認しておくことが大事なこととなります。