不要車を売却する際の手続きには下取や買取等の種類がございます。下取りに関しては、次の自分のクルマを購入したと一緒に、今迄のくるまについて引き受けて頂くものです。そのクルマが乗車が差し障りない車だったとしたら値段が望めますが、とても古すぎるクルマであったケースでは逆に処分の為のお金を要求されるケースもあります。

下取ですと専門業者が買受するとはならないので、高価買い取りはできないでしょうけど、その次の自動車と取り替えるような形で乗り換えすることが可能であるといった良い面があります。他方買取はというと、専門で行っているユーズドカー買い取りの専門店に頼んで引き取っていただくといったものです。その際のタイミングが分かりづらいといったよくない点も存在しますが、買取されたおクルマは不要車という事で市場で取引されることが決まっていますから、割と高い値段での売渡が望めます。

下取、買取どちらであっても契約の時は必要書類を先に用意しておくことが求められます。どういったものが必要なのかというと、車検証の原本や納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券があります。加えて印鑑証明書や実印、住民票等も必要です。

買取りのさいには譲渡証明書や委任状なども使うのですが、それらに関しては買取専業店にて用意してくれるでしょう。売渡を頼むこちらとしては、車検証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、実印、住民票さらに印鑑証明書を準備しておきましょう。見積もり時もそれらがチェックされるため、紛失しているときはもう一度発行していただくことが求められます。

もし失くしたケースでも評価それ自体はして貰うことはできますが、即日引取りはしてもらえないので見積もりの値段に悪影響が出る場合もあります。