使用していた自動車を売り払いたい際のやり方としては下取、または買取の手順がございます。下取りに関しては、おニューの自分のクルマをゲットした場合には、今まで乗っていたu-carについて引受けして頂くものです。コチラは乗車が差し障りないくるまだったとしたら買値が付くわけですが、異常に古すぎるクルマであった場合だと反対に処分のためのお金を要求される場合もなくはないでしょう。

下取は専門のお店が引き取る訳ではないので、希望するような値段での買取は難しいでしょうけど、次のお車と交換で乗り換えが可能といったいい面があります。一方買取ですと、それ専門のu-car買取専門ショップに頼んで引取りをしていただくものです。その際のやり取りがややこしいなどのよくない点もあるわけですが、引取りされた自分の車に関しては使用ずみの車として流通するのがもとから決まっている訳ですから、なかなかの希望するような価格での買い取りが期待できるでしょう。

買取にしても下取にしても売却の際はいろいろな書類をまずそろえておく必要があります。どんなものが必要かといえば、車検証の原本や自動車税の納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券があります。そのほか実印や印鑑証明と、住民票といったものも必要となります。

売却のときは委任状や譲渡証明も必要となるのですが、これらに関しては買取専門ショップで用意があるはずです。買い取りを希望するこちらとしては、自動車検査証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、実印と住民票さらに印鑑証明を準備しておきましょう。鑑定時もこれらがチェックが入るので、紛失しているときは再発行してもらうことになります。

たとえ紛失していても品さだめだけはしてもらうことはオーケーですが、その場で売却はできないため評価に何か影響が出るかもしれません。