ユーズドカーを売りわたす時の仕方といえば買い取りと下取りというのがありますね。下取のケースというのは新しい中古車を手に入れると同時に今までお乗りの古い自動車を引受けして貰うというものです。大抵は新車の販売会社が買取りをおこないますので買い取り金額の方はどっちかといえば低く見られる場合が多いです。

一方、買い取りのほうはくるま買取専業店がおこなっており、不要車として売る事を前提に引き上げの金額を決めるため、意外に高プライスでの買受が期待できるでしょう。何れにしろ不要車を引き上げてもらうことであり、引き受けてもらう前に買取り額を決定するための診断がされることとなります。

品定めをして貰う際に気になるのがリサイクル料になります。クルマ見立てで出される額というのはその愛車それ自体の金額、自分の車のについてくるリサイクル料や自賠責保険等々いれた金額の2つの種類がございます。「リサイクル料」は使用していた車を手に入れた際、若しくはリサイクル料が払われてなかったケースでは車検の場合に支払いとなるもので、のちに不要車を廃車にして解体する場合に必要なエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類等をリサイクルする時の料金ということで使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、解体処分する時にJARSから支払われることになります。

代金はおおよそ、軽なら8000円程、国産車だと1万円位、外国製自動車等で15000円程、その他で20000円ほどを入金する必要性があったりします。大体の不要車買い取りの場合、こういったリサイクル料金を使用した車の買い取り金額とは別として引取りされることになる訳ですが、リサイクルの料金を含んで引き受け値段となっている場合も有り、買い取りを希望する場合はチェックしておくのが大事な事となります。