中古車を売り払う際の仕方には買い取りと下取りというのがございます。下取りの場合は新しいお車を買うかわり、これまでのお車を引き取って貰うというものです。主には販売会社が引き受けをおこなうため買い取り金額はどちらかというと低くなることが多いです。

他方、買取のケースは古い車の買取専門ショップが行っており、ユーズドカーという名目で店頭に並べることを前提に引き取りの値段を決めるため、どっちかといえば高めの買取りが期待できるでしょう。どちらにしてもユーズドカーを売却することであり、引き受けてもらう前に引取りプライスを決めるための査定がおこなわれます。

値踏みをして頂く時に気になるのはリサイクル料となります。ユーズドカー査定で出されるプライスとしてはそのお車そのものの額、マイカーについてくるリサイクル料とか自賠責保険等々入れた金額の二つの種類が存在します。「リサイクル料」は自動車を購入した場合、またはリサイクル料が未納の場合ですと車検を受けたケースで支払いとなるもので、先々クルマを廃車にして壊してしまうケースで必要になるフロン類、シュレッダーダスト、エアバッグ類などリサイクルする時のコストという名目で使われます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることとなり、処分する際に自動車リサイクルシステムから払われることになります。

コストは、軽であれば8千円程、国産車の場合は10000円位、外車等で1万5千円ほど、それとは別に約2万円ほどを入金する必要性が御座います。多くの愛車引取りだと、こういったリサイクル料をお車の買取金額とは別ということで引受される事となる訳ですが、リサイクル料を含めて引受プライスとしてるケースもあり、引き受けを依頼する場合先ずは確認しておくということが大事なこととなります。