自分のくるまを売り払う際における方法には買取りや下取りといった種類があります。下取りに関しては、おニューの所有車を購入した時点で、今迄乗っていた自分のクルマを引き取って頂けるものです。それが乗車が出来る状態であれば価格がつくのですが、あまりにも古すぎる際には処分の為のお金を要求される場合もなくはないでしょう。

下取の場合は専門ショップが買い取るという訳じゃないですから、高プライスでの売却は厳しいですが、次の車と交換をする形で乗り換えが可能であるという良い面があります。他方買取ですと、それ専門のユーズドカー買取り業者にお願いして引取りをして頂くものです。その時期が分かりづらいなどの良くない点も有るのですが、買取をされた車はユースドカーとなって流通されるのがもともと決定されていますので、想像以上に高い金額での引受けが望めます。

買取、下取どちらも引き渡す際は必要な書類をまずは用意しておくことが求められます。その必要書類ですが、車検証と自動車税の納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券といったものとなります。ほかに印鑑証明書や実印、住民票なども必要です。

引取りの場合は委任状や譲渡証明書等も必要となるのですが、それらに関しては買い取りの専業店にて準備してくれるはずです。手続きをお願いするこちらとしては、自動車検査証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証とリサイクル券、住民票、実印および印鑑証明書を用意しておきましょう。鑑定時もこれらが確認されるので、紛失の場合には再発行していただくことになります。

もしも紛失していても見積もりだけをして貰うことは可能ですが、その場で引受けは行えないので鑑定額に悪影響が出たりします。