車の下取や買取の時には、最初に査定をさせて頂きます。この場合の査定とは、ユーザーから買い取りや下取りする時に冷静な審査をするための下調べであり、それをするためには多くの人から容認され、プラス認められたやり方でないとまずいのです。ただ、こちら側から見るのであれば、値踏みがどんな感じでされているのか完全には知らなかったり、しっかりした仕方で調査されているのかはなかなか把握することが難しいものです。しかしながら値踏みというのはお車のバリューを確定させる大変重要な工程ですので、考えや方法に種々のものがあれば社会の混乱の要因にもなるのです。

そんなパニック状態を起こさないためにも「日本自動車査定協会」という機関が存在し、「中古自動車査定制度」を用意してる訳です。

「日本自動車査定協会」というのは、キチンとした見積が拡大するように務めている団体であって、私たちが安心して鑑定に出すことができ、加えて満足できる結果になるようなシステムを構築する取り組みをしています。

活動内容としては、例を出すとまっとうな査定士を育むための試験を実施しており、査定協会が行っている学科及び技能研修というものを受けて、その後「査定士技能検定試験」に成功することである一定の技能を持つ査定士としての資格が受け取れます。そうした上で査定士として活躍するのには協会への登録が必須となり、きちんとした心得や規律をもってユーザーのくるまの品定めをします。つまりはしっかりした査定のための資格を保持している人間が評価を行いますので、私たちも安心して下取または買取に出すことが可能となるわけです。