使っていた自動車の買い取りのお店に査定を頼んだはいいけどローンが完済できていないなどのこともあるかもしれません。そのようなケースでは、その売却希望のユーズドカーのオーナーがあなた自身なのか他人であるのかどうか始めに把握しておく事が肝心です

ホントのところ、所有者が誰かについて何を確認すると良いのかというと、車検証に書かれている名前がその使用した車の権利者という訳です。

今のお車を購入した時に銀行等が提供する自動車ローンを組まれた場合は、この「車検証」に記載のあるお名前がご本人の名前になってるはずですが、分割払いを契約したのが信販系の会社である際は氏名がその会社の記載となる筈です。信販会社でローンを組む場合にどうしてこんな形でクレジット会社を持ち主として登録してるのかと言えば、その理由としては月の払いが止まったときに、すぐにマイカーを担保として確保することを考えている為です。

そうした事情により所有名義がクレジット会社となっているケースではそのくるまを勝手に売却することは出来ません。それであっても売りたいなら先に返済を完全に終わらせるか、支払いローンの組み替えをして名義をご自分に変えた上で手続きすることが必要です。とはいえ実際問題こういったことができるのは今お手持ちの現金が沢山ある時になってしまいます。それでは資産があまりない方はどういったやり方がいいのでしょうか。

こんな時には品評をしてくれた使った自動車買い取り専門店に訳を話せば、マイカーの売却額から残った返済分を支払し、持ち主を自分自身の氏名に直して頂くことができます。手続きについても全部買取専業店に任せることが可能なので問題ありません。