不要車を売却する際の方法というと下取りと買取りというのが御座いますよね。下取の場合というのは新しいお車を購入するかわり、これ迄乗っていた使った自動車を買い上げていただくというものです。たいがい新車取扱店が引受けをするので値段の方はどちらかといえば低く見られがちです。

もう一方の買取のケースはユーズドカー買い取り専門店がおこなっており、中古自動車という名目で店頭に陳列することを前提として買取の価格を決定するので、割合高値の買い受けが望めるでしょう。いずれにしろお車を売る事であり、売り払う前に買受け価格を決めるための格づけがされるわけです。

診断をお願いする時気に掛かるのはリサイクル料になります。使用していた車の審査で出される金額としてはユーズドカー本体の額、マイカーに付いてくる自賠責保険とかリサイクル料などを合計したプライスの二つの種類が御座います。リサイクル料に関しては古い車を入手した際、又は「リサイクル料」が未払いだったときには車検のさいに支払われるもので、今後使用ずみの自動車を廃車にして壊してしまう際に必要なシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などなどリサイクルする為の費用として使用されます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、壊してしまうケースで自動車リサイクルシステムから払われることになります。

その際のコストはおおよそ、軽で8000円程、普通車だと1万円ほど、外国の車等であれば1.5万円くらい、それとは別に2万円くらいを入れる必要性が御座います。多くのクルマ買上では、そういったリサイクル料を使用していた自動車の買上げ価格とは別個で引取りされるというようなことになるワケですが、リサイクルの料金をいれて審査の値段となってるケースも有り、引受けを希望という時は前もって確認しておくのが大事な事となります。