ユースドカーを処分する場合の方法には下取りと買取りのどちらかがありますよね。下取のケースというのは次の自動車を手に入れる際一緒にこれ迄お乗りの古い自動車を買い取っていただくというものです。ほとんどは新車の取扱店が引受けを行うため金額はどちらかといえば低めになる場合が多いです。

一方で買い取りのほうはマイカー買取専業店がやっていて、クルマとして販売することを予定に引き受けの価格を決めるので、割りに高目の引き取りが望めます。何れにしても使用済みの自動車を引き上げてもらうことであり、売却する前に引き上げプライスを決めるための評定がおこなわれることとなります。

審査をしてもらう際に気になるのが「リサイクル料」です。中古の車の見立てで提示される金額としてはそのお車本体のお値段、自分の車のに附随する自賠責保険とかリサイクル料などを含んだ額の2つの種類があります。リサイクル料に関してはそのユースドカーを買ったさい、もしくは「リサイクル料」が未納のケースでは車検の場合支払いとなりますので、将来的に不要車を廃車にして解体処分する場合必要なシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等々リサイクルするときのコストということで使用されます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、解体処分する時に自動車リサイクルシステムから払われることとなります。

その時の代金はおおよそ、軽自動車であれば8000円くらい、普通車の場合1万円程、外国製自動車ですと1.5万円位、それ以外で2万円程度を納める必要性が御座います。大体の使用していた車買受だと、こういったリサイクルの代金を使用ずみの自動車の買上値段とは他のものとして引取られるというような事になるんですが、リサイクルの代金を含めて評価の価格となっているケースも有り、引取りを希望という時はチェックしておくのが大切です。