中古車を処分したい場合のやり方としては下取りと買取りの方法が存在します。下取に関しては、新しい所有車をゲットした際には、それまで乗っていた自分の車を買取りして頂けるものです。コチラは乗車が可能なくるまであったら値段がつきますが、とてつもなく古すぎるものだった時だと逆に処分のためのお金を必要とされる時もあるでしょう。

下取りは専門のお店が行う訳ではないので、希望するような値段での買取は厳しいでしょうけど、おニューの中古車と交換する形で乗り換えすることが可能だという長所があります。その一方買い取りは、専門でおこなっているくるま買い取り専門店に頼んで引受けしていただくといったものです。その時期が難しいなどの短所も存在しますが、買い取られたマイカーはユースドカーとなって流通されるのが元々前提ですから、想像以上に希望するような価格での買い取りが望めます。

買取も下取も契約のさいには色々と書類をあらかじめ準備する必要があります。必要書類の種類には自動車検査証やくるまの納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証があります。その他実印や印鑑証明書、住民票なども必要です。

引取りの時には委任状と譲渡証明なども使うのですが、これらについては買い取りの専門店で用意してくれます。売渡を望む方としては、自動車検査証、納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、実印、住民票および印鑑証明書が用意すべきものになります。見積もりの際もこれらに関してはチェックされるため、紛失の時はもう一度発行してもらう必要があるのです。

もしもなくしたケースでも査定そのものは受けることがOKですが、すぐに引取りはおこなえないので鑑定額に良くない影響が出ることになります。