中古車買い取り契約を交わした後に減額されていた、他にも引き取った後に値引する事を伝えられたという話を知人から聴くケースがあります。一般には、引き取り後の取引はしないというのが当たり前でしょう。
車廃車手続きの時でも売買契約書に押印する前に、取引後の価格に現在とちがい(減額)があるかどうか、フェアなワケにより減額する事になったのか等で出来る対応などは異なります。
仮に原因があったとしても、自分では了承できないという状況では一度考え直し、買取をやめてもらうのが一番といえます。

マイカーの査定と下取を確認してしてみた場合下取の方が最適と思っている方もいらっしゃる事でしょう。
想像するに、下取の場合だと所有したい車に愛車を使い割安なお値段で買う事が可能ですし、買取手続きも買入手続きも全て合わせてすることができるのでコンビニエンスストアエントだと思います。
とは言っても、シンプルに売却価格だけを考えると、クルマ査定の方が高いお金になります。

「この先クルマをチェンジしたい」といった時、今お乗りのクルマをどうしたらいいのかはよく考えるべ聴ことで、手間暇を考慮して販売業者に下取りに出したくなると思うのですが、それより専門買取業者に申込んだ方が、金額的にだいぶオイシイらしいということが、世間一般に認識される様になってきました。
ダイレクトにショップに出向いて行かなくとも、自分の家や外出先でも、インターネット(使いこなせるようになるまでには、それなりの勉強が必要になります)利用可能ならそれを用いてあらかたの見積もり価格を知ることができます。
その為の専用ページがインターネットの査定WEBページなんです。
車名、メーカー、モデル、年式などの基本項目を埋め込んでいくだけで、数十秒~数分ほどのち、正解が明らかとなるはずです。