マイカー買取ショップに買取査定をして頂いたものの、割賦払いを払いきっていないケースもあるかもしれません。そんな時は、売却予定のお車の所有権がご本人なのか別の方であるのかを始めに見ておく必要性があるのです。

実際、所有者についてどの辺を見るとわかるのかといいますと、「車検証」に記載されている名前がクルマの持ち主ということになります。

マイカーを購入するときに銀行等が提供する分割払いを設定された場合だと、この車検証に載っている名前がご本人のお名前となっていますが、ローン支払いを組まれたのが信販会社だった際は氏名がクレジット会社の記載となっている訳です。信販系で割賦契約を組む場合なぜこういった形でその会社をオーナーとして登録しているのかと言いますと、その理由としては月の払いが滞ったりしたら、ただちに車を担保として確保できるようにするためです。

こうした理由によって所有者名義がローン会社にある時にはその愛車を好きなように売ることはできないのです。どうあれ売却したいのであればまずローンを全部返済するか割賦契約の組み換えによって持ち主を自分の名前に変更した上で売却する必要があります。しかし、現実にこうした事が出来るのは今手持ちの現金が余りあるケースに限られます。ではキャッシュが不足している場合はどうすることが望ましいでしょう。

こういった場合は、査定をやっていただいたお車買取ショップに話してもらえると、くるまの売却額から残債分を返済し、所有者のところをご自分の姓名に直して貰うことが出来ます。手続きについても全てにおいて買取専業店に任せることができますので安心です。