お車を売るときの手順としては買い取りと下取りの両方が一般的です。下取の場合はおニューの愛車をゲットする時、前の愛車を買い取りしていただくというものです。主としては新車販売会社が引き受けをすることになるため買い取り額はどちらかというと低目に見られがちです。

一方で買取りの方は古い車の買取専門ショップが行っており、中古車という名目で売却することを予定して買取価格を決定するため、どちらかといえば高値の引き取りが望めます。いずれにしろお車を売却することであり、売却する前に引受け価格を決定するための審査がおこなわれることとなります。

審査を依頼するとして気になるのがリサイクル料です。所有車査定で提示されるプライスというのは自分のくるまのそのもののプライス、自動車についてくるリサイクル料とか自賠責保険などを含めた額の2種類があります御座います。「リサイクル料」はお車を買った場合、又は「リサイクル料」が未払いの場合ですと車検を通した場合支払われるもので、のちに所有車を廃車として壊してしまうケースで必要となるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類等リサイクルするときの料金という名目で使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、処分する場合JARSから支払われるということとなります。

料金はだいたい、軽自動車であれば8000円くらい、国産車であれば10000円位、外国製自動車とかで1.5万円ほど、それ以外で2万円位を納める必要が御座います。多くのお車買い取りですと、こういった「リサイクル料」を自分のくるまのの買取り価格とは他のものとして引受される事になるのですが、リサイクルの料金をいれて審査のプライスとしてる場合も有り、買取を頼む場合には先ずはチェックしておくということが大切です。