使っていた車を売却したいさいの手続きには下取や買取等の手続きがございます。下取りといえばおニューの自分のくるまを購入した時には、今迄乗っていた自分のくるまのことを買い取って頂けるものです。まだ乗ることが可能な状態だったらプライスが期待できますが、とても古いくるまだった際には反対に廃車費用を求められるケースもあります。

下取に関しては、専門のお店が買取りする訳じゃないので、希望金額での放出はムリでしょうけど、新しい中古車と入れ替えで乗り換えができる長所があります。もう片方の買取はというと、専門で行っている中古車買取ショップにお願いして買い取りをしてもらうといったものです。そのタイミングが難しいといった良くない点も存在しますが、買い取られたマイカーに関してはマイカーとして出回るのがそもそも決まっておりますので、思ったより高額での引取りが望めるでしょう。

下取、買取どちらのケースでも売り払う際は様々な書類を先にそろえておく必要があります。どんなものが必要かといえば、車検証と自動車税の納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証が挙げられます。また実印と印鑑証明や、住民票等も必要です。

買い取りの際は譲渡証明や委任状等も必要となるのですが、それらは買い取り専門店にて準備してくれるはずです。手続きをお願いするこちらとしては、自動車検査証、自動車税の納税証明、リサイクル券と自賠責保険証、住民票、実印あとは印鑑証明を準備しておきましょう。鑑定の際もこれらに関してはチェックが入るため、失くした際にはもう一度発行していただくことになります。

もしなくした場合でも品定めだけはして頂くことはできますが、すぐに買取は行えないので査定価格に良くない影響が出る場合もあります。