使っていた車を売りわたす時の手順といえば下取と買取というのが一般的です。下取りのケースというのは次のマイカーを手に入れる際、今まで乗っていた古い車を買上して頂くというものです。たいていは新車販売店が引取りを行うため値段の方はどっちかというと低目になりがちです。

もう一方の買取の場合にはお車買取専門店がおこなっていて、古い車という名目で店頭に出すことを前提として買取プライスを決定するので、割合高値の買い取りが期待できるでしょう。何れにしてもユースドカーを引き上げてもらうことであり、その前に買い上げ金額を決定するための審査額がおこなわれます。

品評をおこなう場合気に掛かるのがリサイクル料となります。クルマ値踏みで提示される価格というのはそのユースドカー本体の金額、ユーズドカーに附随する自賠責保険とかリサイクル料等々入れたお値段の二種類が御座います。リサイクル料に関してはその使用ずみの自動車をゲットした際、又はリサイクル料が払われてなかった時には車検のさいに支払いとなるもので、のちに古い車を廃車にして解体する場合に必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などをリサイクルするさいの代金という名目で使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、解体処分する場合JARSから支払されるということとなります。

料金は、軽なら8000円ほど、普通車の場合1万円程、輸入車等であれば15000円程、その他で2万円くらいを入金する必要があったりします。大半の使用ずみの車買取だと、そういったリサイクル料金を使った車の引き取り額とは他のものとして買取されることになる訳ですが、リサイクル料を入れて買取プライスとなってる場合も有り、引取りを依頼する時はあらかじめチェックしておくのが要されます。